フロムの宮崎がファミ通のインタビューに答えている。新作ゲームも剣戟ACTになるのが基盤だとのこと。だが、その核心部分には全くと言っていいほどふれられていない。新作「エルデンリング」はダクソ3のDLCの開発終了時点付近で作られた企画らしく(開発が3のDLC開発終了後に着手された、とある)まだまだ不透明な点が多い。

スポンサーリンク

公式サイトを見ても、コンセプトアートのようなものが散乱されているだけで、どういったゲームかはわからない。ただ、このインタビューの要点をまとめてみると次のようになる。

・「エルデンリング」の世界観は「ゲーム・オブ・スローンズ」の作者と共同で作られる
・剣戟アクションが基盤で、システムの中軸はダクソシリーズと同じ
・ただし、新作はダクソ以上にRPG性が増すほか...
・パターンがある程度限られていたダクソ以上に多様な攻略が可能になる
・代表例:魔法など

わかっているのはこれだけである。フロムとしてもいくつかの企画が乱立していて、その中で『王道もの』を選んだ結果「エルデンリング」の構想が浮かび上がったという。ちょっと気になるから、フロムのメインタイトルを開発開始から発売までの時間経緯を簡単にでいいので、まとめてみよう。

・ダクソ1(開発期間2.5年程度[1] ~2011年9月発売)
・ダクソ2(開発期間2.5年程度[1] ~2014年3月発売 )
・ダクソ3(開発開始2013年[2]~2016年3月発売)
・セキロー(開発開始2015末[3]~2019年3月発売)

※ソース

というわけで、フロムの剣戟もの(事実上のメインタイトルといっていいのではないか)の新作開発期間はだいたい早くて2.5年、遅くて3年ぐらいの間に収まっている。「エルデンリング」はタイトルが刷新されるということであるが、ダクソ3DLC開発終了がそれほど最近ではないはずだから、新作を無理に期待して長く待たなくてもいいように感じる。