ゲームネタめちゃくちゃ間が空きましたが...この度Steamで発売される予定のメトロイドヴァニアである「Astalon: Tears of the Earth」について。このゲームトレイラーみたところわかりますが、キャラデザ見田竜介先生ですね(設定画のシーン右下に確かに見田竜介とあります)。

スポンサーリンク

ご存じない方に申し上げると、見田竜介先生とご兄弟イラストレーターの見田航介先生のお父さんは社会学者であり、日本社会学の始祖的な立場にいる同分野の権威である、見田宗介先生なんですよね。なぜ社会学の権威の先生(たしか宗介先生は学部からずっと東大だったと思いますが...)のご子息がイラストを生業にしておられなのかは不明なのですが...竜介先生と航介先生のお父さまは様々な概念の提唱で社会学を中心に知られています(維持的経済無成長理論とか)。

見田竜介先生ご自身も学生時代からいろいろとおありで、しかも、ご病気の経験もあり、かなり苦労されたと聞きますが、こういう場でご活躍の場が見られる、というのは一ファンとしてうれしい限りですね。竜介先生の絵の特徴としてよく挙げられるのが、キャラクターの瞳の大きさを特異にしたデザインですね。目をすごく大きく描くことで知られています。今回のデザインではおそらく、絵柄に関して注文があったんでしょうね(もしくは絵柄が変化していったのか、のどちらか)。目の大きさが大分おさえられているのがよくわかります。

18禁のほうでも活躍しておられですが、まさか竜介先生の絵をSteamで見ることになるとは...思いもしませんでした。ルーツをたどると旧大日本帝国陸軍人甘粕さんもご親戚にあたるんですよね。

ちょい調べた限りでは、4gamerもやはり伝えていました。間違いなく、本作のキャラデザ担当が見田竜介先生です!